強迫性障害の受診ができる病院は?

強迫性障害(強迫神経症)の治療は
まずは病院に受診することが基本となりますが、

 

強迫性障害の場合はどのような病院で
診察を受ける(受信)のがよいのか?

 

精神科の病院と思うかもしれませんが、
実は精神科にもそれぞれ専門性があります。

 

専門に合った診療科で受診することで、
より的確な診断と治療を受けることができ、
それにより強迫性障害を治せる可能性も高くなると言えます。

 

結論から言うと、強迫性障害の受診は
精神科、精神神経科または診療内科が適しています。

 

精神神経科や診療内科で受診すれば、
薬を処方され薬物療法や認知行動療法などが受けられます。

 

また、心理相談室と呼ばれる機関で、
カウンセラーによるカウンセリングを受けることも可能ですが、
強迫性障害を専門とするカウンセラーは多くないのが現状です。

 

病院に通院しても強迫性障害が治らないという場合は
適切な治療を受けることができていない可能性もあります。

 

実際に強迫性障害の患者さんで
的確な治療を受けられている人は少ないと言われています。

 

インターネットで精神神経科、診療内科のある
病院を検索すると探すことができると思います。

 

見つけたらまず受信してみましょう。
そこから治療をスタートできると思います。

 

 

近くに精神科、精神神経科、心療内科のある病院がない、
あるいは病院への受診はしたくないという場合は、
私の強迫性障害が治った治療法について読んでみてください。

 

強迫性障害を自力で治すには?

 

 

強迫性障害の受診をする病院記事一覧

強迫性障害は別名OCDとも呼ばれる心の病です。どのような症状の病気かというと、例えば・いくら洗っても綺麗になった気がせずに手洗いや入浴を過剰にしてしまう(不潔恐怖・洗浄強迫)・外出の際に戸締りをしただろうか電気を消しただろうかと不安になって、 何度も確認してしまう(確認強迫)・誰かを傷つけたのではないかと必要以上に不安になる(加害恐怖)・物が決められた場所にないと落ち着かずにどうしても直してしまう...