強迫性障害のチャックと治療方法

 

強迫性障害は別名OCDとも呼ばれる心の病です。

 

どのような症状の病気かというと、例えば

 

・いくら洗っても綺麗になった気がせずに手洗いや入浴を過剰にしてしまう(不潔恐怖・洗浄強迫)

 

・外出の際に戸締りをしただろうか電気を消しただろうかと不安になって、
 何度も確認してしまう
(確認強迫)

 

・誰かを傷つけたのではないかと必要以上に不安になる(加害恐怖)

 

・物が決められた場所にないと落ち着かずにどうしても直してしまう(正確さ・対称性)

 

など以上は一例ですが、日常生活に支障がでるほど不安や恐怖を感じたり、
その不安や恐怖を振り払うために不要な行動を行ってしまう病気です。

 

強迫性障害の治療は精神科や心療内科で行います。

 

強迫性障害 チェック

 

治療法としては薬物療法や認知療法などがあり、
薬物療法は抗うつ薬などの薬使って不安感や強迫症状を和らげ、
認知療法は強迫行為を我慢して徐々に強迫行為をなくしていくものです。

 

もしあなたが「強迫性障害かもしれない」と思う場合や、
あるいは家族など周りに強迫性障害の疑いがある人がいるのであれば?

 

強迫性障害のチェック方法は?

 

強迫性障害のチェックは正確には医師の診断が必要です。

 

自分で簡単なチェックで大まかなことは分かるかもしれませんが、
ネット上のチェックだけで判断することはあまりおすすめしません。

 

不安障害だったりパニック障害を併発しているケースも多いようで、
一度は病院により医師の診察を受けたほうが間違いないでしょう。

 

もし、あなたが生活に支障が出る程の症状であれば、
チェックする事云々ではなく治療が必要となるでしょう。

 

病院で受診してどう診断されるかは分かりませんが、
出た診断に従って治療し治すことが大事になってきます。

 

強迫性障害を治すには?

 

強迫性障害を治すには病院での治療が確実ですが、
実は通院なしでも治すことも可能です。

 

本田式強迫性障害改善プログラムは自力で取り組める治療法です。

 

実際に多くの方が本田式強迫性障害改善プログラムにより
強迫性障害を克服されています。

 

通院したくないという方におすすめの改善法です。

 

強迫性障害のチェック 本田式強迫性障害改善プログラムの詳細はこちら

 

強迫性障害が自力で治った

 

強迫性障害は治療で治せる病気なので早く治療を始めましょう。