誰でも簡単に取り組める強迫性障害の治療法

 

強迫性障害(強迫神経症)は何もしない、
つまり自然治癒することは殆どない病気であり、
自分で意識するだけでも治すことはできません。

 

本人は強迫行為を止めたいと思っているので
自分で意識すれば治せると錯覚してしまいます。

 

ですが、「手を洗うのをやめる」「カギの確認をしない」
などと意識するだけで強迫性障害を治すことはできません。

 

自意識だけで治せない、自然治癒しないから強迫性障害なのです。

 

 

意識するだけでなく行動する

 

人は自分で意識するだけでは何も変わらないことが多いです。

 

強迫性障害を治したいと思っている人は
「強迫行為をやめる」と誰でも強く意識するものですが、
それだけで強迫行為を止めることはできず自己嫌悪に陥ったりします。

 

自分を責めてうつ病になったり悪循環とも言えます。
意識するだけではそれはただの願望として達成できません。

 

意識するだけでなく行動することが大事です。

 

強迫行為を止めることが目的なのに行動?と思うかもしれませんが、
それは治療する為に行動と考えてください。

 

例えば意識するだけでなく声に出してみる。
これは意識するだけよりも効果があります。

 

ただ、声を出すだけも効果は薄く、
ペンで紙に書くという作業がより効果的です。

 

強迫性障害を自力で治す

 

ノートとペンで強迫性障害を治せた方法

 

ノートとペンがあれば誰でも実践できる治療法が
本田式強迫性障害改善プログラムです。

 

ノートとペンがあれば取り組めるので
自宅で一人でも実践できる治療法となります。

 

それだけで治療になるのか信じられないかもしれませんが、
私も本田式強迫性障害改善プログラムにより強迫性障害を治せたんです!

 

ノートとペンだけで取り組める治療法ですが
しっかり続けていくことで確かに効果があります。

 

やる気さえあればすぐにでも始めることができますよ!

 

強迫性障害を自力で治す方法 本田式強迫性障害改善プログラムの詳細

 

自力で強迫性障害を治したいのであれば、
本田式強迫性障害改善プログラムを試してみてください。

 

強迫性障害を自力で治す