加害恐怖(加害不安)の強迫性障害の治療体験談記事一覧

加害不安(加害恐怖)も強迫性障害に多いタイプです。加害不安が強くなりすぎると外出や車の運転などができなくなったり、事故や事件を起こしていないのに起こしてしまったと錯覚したり、起きていないか何度も確認したりという問題が生じたりします。今回は加害不安の強迫性障害の患者さんの事例です。加害不安の強迫性障害が治った体験談20代後半の男性の体験談となります。私は、強迫観念の中の加害不安というものに悩まされて...

加害恐怖は強迫性障害(OCD)のタイプで比較的多い症状です。実際にには何も起こしていないのに「誰かを傷つけたのではないか」と心配になったり確認したり、あるいは「誰かを傷つけてしまうのではないか」と不安になり行動できなくなったりしてしまいます。加害恐怖が酷くなると、人ごみに入ることができなくなったり、車の運転ができなくなったり、次第に外出までできなくなる例もあります。例えば、朝の出勤で電車に乗る必要...

玄関のドアの鍵をちゃんとかけたか何度も確かめてしまう、という強迫性障害の症状は比較的よく知られていますが、加害恐怖という症状はあまり知られていないようです。具体的な例をあげてみますと、車で運転している時に少しでもタイヤに衝撃があると、人や動物をひいてしまったのではないかと心配になる、人ごみを歩いていると、自分の持っている傘で誰かを傷つけたのではないかとと後ろを何度も振り返ってしまう、買い物してレジ...