加害恐怖の強迫性障害を克服するには?

 

玄関のドアの鍵をちゃんとかけたか何度も確かめてしまう、
という強迫性障害の症状は比較的よく知られていますが、

 

加害恐怖という症状はあまり知られていないようです。

 

強迫性障害 加害恐怖

 

具体的な例をあげてみますと、車で運転している時に少しでもタイヤに衝撃があると、
人や動物をひいてしまったのではないかと心配になる、

 

人ごみを歩いていると、自分の持っている傘で
誰かを傷つけたのではないかとと後ろを何度も振り返ってしまう、

 

買い物してレジでお金を払ったのに、
代金を払っていない商品もあるのではないかと不安になる、

 

といったように人によっていろいろな症状があります。

 

問題は自分が強迫性障害だと本人が気づきにくいことです。

 

強迫性障害とは気付かずに悩んでいる方もいると思いますが、
思い当たることがあれば一度病院で診察を受けてみるといいとでしょう。

 

「まだそれほど生活に支障が出る程でもないしそのうち治るだろう」

 

というように軽く考えていると、気付いた時には重症化していて、
仕事や生活に支障が出る程に悪化していたなんて事態になりかねません。

 

強迫性障害は自然治癒することもあるのですが、
多くのケースでは放置しておくと悪化していきます。

 

そうなる前に治療することが大事なのです。

 

強迫性障害が治った改善方法

 

20代男性のDさんは加害恐怖に悩まされました。

 

衝動的に人を傷つけてしまうのではないか?という恐怖です。

 

なぜか、人に近づくと殴ったり突き飛ばしたりするという
衝動に駆られることがありとても不安定になるのです。

 

Dさんは次第に人に近づくことさえ不安になり、
できるだけ人と関わりたくないと思うようになりました。

 

実際には衝動的に人を傷つけたことはなかったのに、
そのような加害恐怖が頭から離れないのです。

 

Dさんは自分と同じような経験をしている人がいないか、
ネットで調べたことでこの症状が強迫性障害なのだと知りました。

 

そして、病気だと理解し治したいと思ったのですが、
加害恐怖によりなかなか病院で医師の診察を受ける気になりません。

 

そんなDさんを救ってくれたのが本田式強迫性障害改善プログラムでした。

 

本田式強迫性障害改善プログラム
自宅で自分だけで取り組める強迫性障害の改善法となっています。

 

Dさんは本田式強迫性障害改善プログラムを実践することで、
約1ヶ月程で強迫性障害を克服することができたそうです。

 

実践していくことで次第に加害恐怖を感じることもなくなっていき、
1ヶ月以上を継続した時にはすっかり加害恐怖は浮かばなくなったとのことです。

 

強迫性障害はこのように自力で治すことも可能です。

 

治らないことでお悩みの方は一度試してみてください。

 

強迫性障害の改善方法 本田式強迫性障害改善プログラムの詳細はこちら

 

強迫性障害 治った

 

多くの方が強迫性障害を克服できることを願っています。