加害不安(恐怖)の強迫性障害を治すには

 

加害不安(加害恐怖)も強迫性障害に多いタイプです。

 

強迫性障害 加害不安

 

加害不安が強くなりすぎると外出や車の運転などができなくなったり、
事故や事件を起こしていないのに起こしてしまったと錯覚したり、
起きていないか何度も確認したりという問題が生じたりします。

 

今回は加害不安の強迫性障害の患者さんの事例です。

 

加害不安の強迫性障害が治った体験談

 

20代後半の男性の体験談となります。

 

私は、強迫観念の中の加害不安というものに悩まされてきました。

 

加害不安とは、誰かとぶつかって相手が怪我をしてないか、
知らず知らずのうちに誰かに何かしたのではないかが気になることです。

 

実際に何か起きてから悩むものが普通ですが、
起きる前から自分の行動に不安を抱いてしまいます。

 

医者にも診てもらうことが大切ですが、
それにプラスして自分の気持ちのあり方も大事だと気づきました。

 

というのも、病院で受診してから薬を飲んだり、
心理療法を行ったのですがなかなか強迫性障害が治らなかったのです。

 

その為に私はネットで紹介されていた
本田式強迫性障害改善プログラムというものを始めました。

 

本田式強迫性障害改善プログラムは病院の治療とは違い、
自分だけで取り組む治療プログラムとなっています。

 

それによりかなり強迫性障害が改善されました。

 

完治したのか分かりませんが、今ではそこまで加害不安に怯えることなく、
日々の暮らしを送っています。

 

体験談は以上となります。

 

強迫性障害を治すには?

 

強迫性障害はなかなかそれが病気だと気が付かない、
という人が多いのが問題の一つなのですが、

 

逆に言えば、それが病気だと理解し治療を続ければ
いずれ改善される可能性が高い病気です。

 

それは加害不安(恐怖)でなくても確認強迫、不潔恐怖・洗浄強迫、
ため込みな型などなどその他のタイプ、症状でも同じことが言えます、

 

体験談の男性のように1つの治療では治らない例もありますが、
諦めないで治療を続けていけば治すことができるはずです。

 

治す方法の一つとしておすすめなのが
本田式強迫性障害改善プログラムとなります。

 

自力でできるのでマイペースで続けられます。
なかなか通院やカウンセリングが続けられない方におすすめです。

 

強迫性障害 加害不安 本田式強迫性障害改善プログラムの詳細ページ

 

詳細ページのほうにも実践者さんの体験談が掲載されています。

 

強迫性障害が治った

 

あなたも強迫性障害を治せるように取り組んでみてほしいと思います。