確認強迫の強迫性障害を改善するには?

 

強迫性障害は人によってタイプや症状の重度も違います。

 

1つのことに固執するというタイプの人もいれば、
様々なタイプの症状が出てしまうという人もいます。

 

今回は同じことを何回も確認してしまうタイプ、
確認強迫の強迫性障害を改善できた方の体験談を紹介します。

 

20代男性のエピソードです↓↓

 

強迫性障害の症状がひどかった時、玄関の鍵をちゃんと閉めたのかを外出先でも気にしたり、

家に帰った時に荷物を全部持って帰ったのかを何回も数えたりしていました。

 

自分でもこの確認する癖は、少しおかしいと思っていましたが、
それでも止めることは出来ませんでした。

 

無駄な確認行為が多過ぎることによって、
時間に縛られ仕事に遅刻することも増えるようになっていました。

 

最初はそれ程問題ないと思っていたのが、次第に
エスカーレートしていき気付いた時には重症でした。

 

強迫性障害になった原因や時期は、詳しくは分からず、いつの間にかなっていました。

 

私が確認の強迫性障害を改善することができたのは、
リカバリーマインドメソッドというものを試したからでした。

 

正直言うと精神科の病院に行きたくなかった私は、
自分だけで出来るこの改善法を試すことにしました。

 

ちゃんと効果があり確認行為の回数も徐々に減らすことができました。

 

今ではあまり過度な確認行為をするようなことはなくなりました。

 

強迫性障害はあることがきっかけに発症する方もいますが、
原因やきっかけがない、覚えていないというケースも多いです。

 

知らず知らず重症化している人も多いのはとても厄介だと思います。

 

この体験談の方は

 

本田式強迫性障害プログラム「リカバリーマインドメソッド」
という強迫性障害の改善法により克服に成功されています。

 

本田式強迫性障害プログラムは様々なタイプの
強迫性障害や不安障害に対応している改善法となります。

 

強迫性障害が治った体験談

 

あなたもプログラムに取り組むことによって
強迫性障害を改善することができるかもしれません。

 

強迫性障害の改善方法 本田式強迫性障害改善プログラムの詳細はこちら

 

一度詳細ページをじっくり読んでみてほしいと思います。