強迫性障害を自力で治す方法

強迫性障害の家族の対応、接し方は?

 

この記事を読んでいるあなたは、家族や友達が
強迫性障害であり悩んでいるのだと思います。

 

強迫性障害は本人だけの問題だけでなく、
症状によっては家族や友達、仕事の同僚を巻き込むこともあります。

 

家族に強迫性障害なことが問題で
困り果て疲れてしまったという人も珍しくありません。

 

 

強迫性障害の巻き込み

 

強迫性障害は症状によって周りを巻き込みます。

 

例えば、潔癖症であれば家族にも小まめに手を洗わせたり、
すぐに除菌をするように教養したりします。

 

自分では心配なので確認行為を他の人にさせたり、
確認するまでもないことをいちいち聞いたりということもあります。

 

強迫性障害による巻き込みは家族だけとは限らず、
仕事の同僚にも迷惑をかけるということはあり得ることです。

 

私もそれにより仕事をやめた経験がありますし、

強迫性障害の巻き込みは深刻な問題になりえます。

 

 

家族の対応と接し方は?

 

家族の対応接し方に気を使う必要があります。

 

本人の要望を聞きすぎても強迫性障害の症状が
エスカレートして重症化してしまうこともあります。

 

だからと言って強迫性障害の人の意思を無視してしまうと、
本人がパニックを起こしたり逆上することもよくあることです。

 

例えば強迫性障害でごみが捨てられないというか家族がいて、
勝手にゴミを捨てて大喧嘩になったという事例もあります。

 

ごみが捨てられないと部屋がゴミ屋敷になるし、
捨てれば逆上されるという困った状態です。

 

特定の場所に物を戻さないだけで酷く怒るなんていう症状や、
強迫行為を中断されてパニックになるという人もいます。

 

私も仕事の同僚と衝突を起こしたことがあります。
強迫行為を無理に止められるとパニックになることもあるのです。
(パニック障害の併発)

 

まずは本人が強迫性障害であること、
簡単には強迫行為を止められないことを理解してあげてほしいと思います。

 

 

強迫性障害の治療をすすめる

 

家族の対応や接し方も症状に影響することはありますが、
いくら接し方に気を使ったとしても
強迫性障害は自然治癒しないので治すことは難しいです。

 

やはり本人が治療に取り組まない限り
強迫性障害を治すことは出来ないと考えてください。

 

まずは病院で受診することをすすめるべきです。

 

ただ、本人が強迫性障害であることを認めていない場合もありますし、

病院に行きたがらないという人も珍しくありません。

 

そういった時は無理に病院の診断をすすめても
家族の関係が崩れることになりかねませんよね。

 

そういった場合は自宅で一人でも出来る
強迫性障害の治療法をすすめてみるのも手です。

 

本田式強迫性障害プログラムは気軽に取り組めるので、
病院に行きたがらない人でも取り組んでくれるかもしれません。

 

強迫性障害を自力で治す方法 本田式強迫性障害改善プログラムの詳細

 

家族の対応や接し方だけでは限界があります。
悩みや苦しみを理解してあげて治療をすすめてほしいと思います。

 

あなたの家族に再び幸せが訪れることを願っています。

 

強迫性障害を自力で治す