強迫性障害が治らない方の特徴は?

 

強迫性障害は治すのが難しい訳ではありません。

 

それでも強迫性障害が治らないケースというのは、
重症化して治療に時間がかかっているということもありますが、

 

多くはしっかり治療に取り組んでいないというパターンです。

 

正しい知識がなく放置していたり、あるいは
自分が強迫性障害と自認していないという人も多いです。

 

なかなか強迫性障害が治らないという方の体験談を紹介します。

 

強迫性障害とは精神疾患の一種であり、

行為や思想を自分の意思に反して反復してしまう行為です。

 

強迫神経症とも呼ばれ強迫行為と強迫観念からなります。

 

わたしも軽い不安障害ですので、強迫行為が出ることはよくあります。

 

主に潔癖症と呼ばれるような内容で、
手洗いをよくすることやつり革・手すりに触れないことです。

 

手洗いは一日に何度するかわかりません。

 

洗いすぎて手あれに悩んでしまうので最近では手袋をつけて生活しています。

 

手袋も一日に何度も交換するのですが。

 

他人にこのような行為はいいように思われないので、改善していきたいと思ってはいますが、
なかなか自分の意思ではやめることが出来ないのが現状です。

 

強迫性障害は特に真面目な人などが無意識的に強迫を感じる事が特徴で、

強迫から逃れようと思っても塞ぎこんでなかなか正常に生活をしていく事が困難な状態です。

 

私は時々感情的になる事が多いので、多くの人から文句を言われると強迫性障害に陥る事が多かったです。
治療法としては、基本的には精神科や心療内科で無意識に強迫な感じを受けている事などを医師と相談する事です。

 

精神科で薬物療法などで対処する事が多いですが、
第三者と相談したり、楽しい事を考える癖をつける事が強迫性障害の対策です。

 

私はまだ完治させることができず度々強迫性障害に悩まされています。

 

実は以上の体験談は以前強迫性障害だった方のブログの一文です。
(掲載許可をいただきました)

 

今は強迫性障害を克服された方ですが、
治らなかったことは迷走していたようですね。

 

正しい知識と治療が大切

 

強迫性障害を治すには

 

正しい知識と治療が大切になってきます。

 

そのどちらもしっかり学べる教材として
本田式強迫性障害改善プログラムがおすすめです。

 

強迫性障害の正しい知識を学び、そして
自分だけで治療に取り組めるプログラムとなっています。

 

多くの方が本田式強迫性障害改善プログラムによって強迫性障害を克服されています。

 

強迫性障害が治らない 本田式強迫性障害改善プログラムの詳細はこちら

 

あなたも一度取り組んでみてほしいと思います。

 

強迫性障害の治療法