強迫性障害を治すことは難しくない?

強迫性障害は治療して治してしまいましょう!

 

強迫性障害 確認

 

強迫性障害とはいろいろなタイプや症状がありますが、
多くは自分の意志に反して何かにこだわった行動を
何度も繰り返し行ってしまう病気です。

 

強迫観念にとらわれて、それを打ち消そうと
無意味な行動を何回もくりかえしてまう、
強迫行為と言う行動を取ってしまいます。

 

例えば一度洗った手を何度でも洗ってしまったり、
ガスの元栓を閉めたのに
何度でも確認してしまうなどの行為です。

 

心では分かっているのに
その行為がやめられないのが強迫性障害の特徴で、
誰にも相談できずに悩み続けている人も少なくないのです。

 

「もしかしたら強迫性障害かな?」

 

「同じことを不必要に繰り返してしまう」

 

「不安や恐怖が心を支配し消すことができない」

 

というような状況なのであれば、一度だけでも
精神科や心療内科などの病院で
医師の診断を受けることがお勧めです。

 

強迫性障害 確認

 

ここで強迫性障害の治療体験談を紹介します。

 

確認強迫の強迫性障害を改善

 

30代男性の体験談(エピソード)です↓↓

強迫性障害とは簡単に説明すると自分でも必要ないと頭では理解している行動を
何度も確かめたり繰り返してしまうことです。

 

私の場合は確認行為で、家を出る前に窓の鍵やガスの元栓、
水道から水がポタポタ出ていないか、あとは玄関のドアの鍵、冬だとコタツのスイッチなど、
いろいろなことを何度も確認してしまいます。

 

忘れていないか不安になって確認したはずなのにもう1度とか、
時には不安になって家を出た後に引き返して確認をしてしまう場合もありました。

 

それにより待ち合わせや仕事に遅れたことも何度もあり、
放置しておくわけにはいけないレベルに強迫性障害が悪化していました。

 

そこで、はじめて精神科の病院に行って治療を始めたのですが、
私の場合は幸いにも順調に強迫性障害を改善していくことができました。

 

SSRIという薬を処方されたのですが、その薬を1ヶ月以上飲んだことで
すっかり確認行為を繰り返すことはなくなりました。

 

強迫性障害は病気ですからしっかり治療することが大切だと思いました。

以上、強迫性障害の治療体験談でした。

 

すぐに始められる強迫性障害の改善法

 

やはり強迫性障害を改善するには治療が大事ということです。

 

強迫性障害は自然治癒するケースもありますが、
放置するとずっと強迫性障害に悩み続けたり、
症状が悪化したり重症化したりする人が多いです。

 

逆に言えば、強迫性障害は治療に取り組みさえすれば、
治すことはそれほど難しくないケースが多いです。

 

治療は病院で受診することが基本になりますが、
実は病院に通わなくても強迫性障害の改善は可能です!

 

強迫性障害 治療体験談

 

それを可能にしてくれるのが、
本田式強迫性障害改善プログラム「リカバリーマインドメソッド」です。

 

強迫性障害を自力で治す  本田式強迫性障害改善プログラムの詳細

 

自宅で一人で取り組むことができ、
薬も必要ない強迫性障害の治療法です。

 

「近くに精神科の病院やカウンセリング施設がない」

 

「できれば病院や薬での治療は避けたい」

 

「誰にも知られずに強迫性障害を治したい」

 

など、状況や思うことは人それぞれあると思います。

 

治療したくてもなかなか治療に踏み出せない、
強迫性障害で悩む方にはとても多いですが、

 

自分だけで、自力で治せる方法であれば、
治療のハードルも下がり取り組みやすいと思います。

 

私も本田式改善プログラムで強迫性障害が治ったように、
とても多くの方が強迫性障害を克服してきている方法です。

 

強迫性障害 治療体験談

 

こちらからすぐに始めることもできますよ!

 

強迫性障害を自力で治す  本田式強迫性障害改善プログラムの詳細

 

実践者さんの体験談も多く掲載されているので
詳細ページをご覧になってみてください。

 

また、同じように自力で実践できる方法として、

 

強迫性障害を自力で治す  鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラム

 

というものもあります。

 

詳細ページを読んでみて、自分に合っていそうと
思う治療法に取り組んでみてほしいと思います。