強迫性障害は薬によって治すのが基本?

強迫性障害は薬で治せる?薬の効果は?

 

強迫性障害 薬物療法

 

強迫性障害の現在最も多い治療法と言えるのは
おそらく薬物療法だと思われます。

 

精神科や心療内科などで強迫性障害と診断されると、
殆どの場合はまずは薬を処方されます。

 

その中でSSRIという薬が多いです。
(正確に言えばSSRI系の薬)

 

そして薬物療法だけで強迫性障害が治るケースもあります。

 

ここで強迫性障害を薬物療法で克服できた方の体験談を紹介します。

 

強迫性障害は軽いものですが昔なったことがあって、

原因は近所に泥棒が入ったことだったんですが、
その事件からしばらくは外出にかなりの不安が出るようになってしまいました。

 

特に家の鍵の確認を何回もしてしまい、それでも安心できないというものや、
家の中の火の消し忘れがとても気になったりしたというものでした。

 

私はそれにより病院で診察を受けてみてのですが、
その結果医師に強迫性障害だと診断されました。

 

そして治療の方法として薬を処方されました。

 

強迫性障害 薬物療法

 

薬を飲むようになってから段々と不安は和らいできて、
次第にこのような強迫性障害の行為は出なくなってので良かったです。

 

薬を飲むのをやめてからも強迫性障害のぶり返しはありません。

 

この体験談の人のように、
強迫性障害は薬だけで治る事例もあります。

 

副作用の心配などを考えなければ、最も時間もかからず
簡単に行える強迫性障害の治療法とも言えるかもしれません。

 

薬は強迫性障害で病院に受診して処方してもらう

 

ここで注意してほしいのは、
強迫性障害で薬物療法に取り組むのであれば、
必ず病院で受診して処方してもらうことです。

 

当然なことではあるのですが、
できれば精神科や心療内科の病院で
診察を受けるのが嫌で、ネットなどで
薬を入手しようと考えたくなる人もいるかもしれません。

 

しかしSSRIなどの薬は
本来はネットで売買するのは違法ですし、
そもそも医師の診断がなければ
薬物療法が的確かどうかも分かりませんし、
自分に合った薬も分かりません。

 

強迫性障害 薬物療法

 

薬物療法に取り組む場合は、
必ず病院で受診をして、
医師に処方された薬だけを飲むようにしましょう。

 

強迫性障害の薬物療法は万能ではない

 

ただし、現在の所は
強迫性障害の万能薬というのはありませんから、
誰にでも薬の効果があるとは限らず、薬だけでは
強迫性障害を治せないケースがあるのも事実です。

 

また、薬だけに頼るのも少し問題で、
薬が手放せなくなり薬に依存してしまう人もいます。

 

そうなっては根本的に強迫性障害を
治せたとは言えませんし、むしろ
薬だけで強迫性障害が完治する人は珍しいです。

薬物療法を続けても薬の効果がなかったり、

強迫性障害がなかなか治らない場合は、
心理療法やカウンセリングを並行して行ったり、
または他の治療法を行っていき治していくことになります。

薬や病院に頼らない強迫性障害の治療法

 

繰り返しとなりますが、
強迫性障害の薬物療法を行うには
一度は病院で受診しなくてはなりません。

 

医師の診察の元、的確な薬が処方されます。

 

強迫性障害 薬物療法

 

もし強迫性障害の症状が重度で外出できないなど
病院の受診ができない場合であったり、、
薬物療法を続けても強迫性障害が治らない、
薬の効果が出ないという場合であれば、

 

薬や病院に頼らない治療法を行うことも一つの選択肢です。

 

そんな方法があるの?
と疑問に思うかもしれませんが、
私は自分一人だけで行える治療法により強迫性障害が治りました。

 

本田式強迫性障害改善プログラム

 

という方法を実践しました。

 

自宅で自分だけで実践できる内容なので、
自力で強迫性障害を治せる可能性があります。

 

強迫性障害 薬の効果

 

これまでのも多くの実践者さんが
強迫性障害を治してきているプログラムです。

 

強迫性障害を自力で治す  本田式強迫性障害改善プログラムの詳細

 

強迫性障害を克服するには
自分に合った治療法を行うことが大事です。

 

自分のできる治療に取り組むことで、
きっとあなたも強迫性障害を治せると思います。